2016年11月26日

こんにちは。本小松石のお墓を、産地の湯河原町にて製作しています、菅井石材の菅井です。

昨日、お墓造りのお話を進めさせていただいております、「本小松石製 自然石墓石」の竿石となりそうな原石を探しに、真鶴の山丁場へ行きました。

img_9403

このように原石が山になっている中から、良さそうな石を探すのですが...

この段階では、まずは形と石の大きさを基準に探します。お施主様がイメージしている形にできるだけ近いものを...

沢山ありそうに見えるこの原石の山の中に一つか二つ、あるかどうかの確率です^^;

 

次に、本小松石の色と模様です。今回、竿石は前面のみ切削し、磨き、仕上げとなります。

色は「青目色」でとのことですが、これは正確には、切削して磨いてみないとわかりません。

模様の有無も同様に、切削して磨いてみないと正確にはわかりません。

つまり、本小松石の自然石墓石の製作は、かなり至難ではあるのですが、最近、自然石墓石についてのお問い合わせをいただくことが、有り難いことに多くなってきておりますので、どうにか良いものを効率良く製作できたらと思っている次第です^^;

 

img_9407

探すこと、一時間...やっと「おっ!!」と思う原石を見つけました。色も青そうです!

 

img_9410

すぐにトラックに積み込み、工場へ運びました。

 

img_9416

機械に乗せ、切削する位置を慎重に定め、切削開始です。

どうやら予想通り、色は青そうです!

 

img_9425

切削が終了しました。今のところ模様もキズもなく、とても良さそうです。

週明けに磨いてみて一発で決まるようでしたら、この石との出会いは奇跡です。

来週が楽しみです。

 

 

img_9396

それから一昨日のブログにて、文字の彫刻の準備をしているところを、記事にさせていただきました。

 

img_9418

昨日、彫刻しました。

石を通称「字彫り小屋」の中に入れ、小屋の外から鉄砂を高圧に圧縮した空気で吹き付けます。

 

img_9420

慎重に、丁寧に時間をかけて彫り込んでいきます。

 

img_9433

無事に彫刻も仕上がり、これにて本小松石製 和型九寸角石塔の完成となりました。

「やはり本小松石は美しい!」といつも自画自賛してしまいます。

こちらの石塔は、来週の火曜日に東京の石材店様にご納品させていただきます。

 

img_9432

製品完成の感慨に浸る間もなく、納品に向けての梱包作業を始めました。

石の角などが欠けたりしないように養生として、柔らかいロープをかなり力を入れて「ぎゅっ!」と巻きつけ縛り、石を守ります。

 

今週も、良い意味で慌ただしく一週間が過ぎていきました。

来週も有り難いことに、とても楽しみな予定を組ませていただいております。

お施主様に喜んでいただけますよう、頑張ります!

 

 

有限会社菅井石材
―――――――――――――――――――――――――

お電話でのお問合せは、お気軽に
フリーダイヤル 0120-391-485
有)菅井石材 担当:菅井(すがい)

本小松石のお墓の価格   はこちら

お墓の施工例   はこちら
記念碑・石材制作例   こちら
工場のご見学   はこちら
トップページ   はこちら です