201年 7月16日

こんにちは。本小松石のお墓を、産地の湯河原町にて製作しています、菅井石材の菅井です。

先日、練馬区三宝寺様の墓地に本小松石製八寸角石塔を2基建立致しました。

こちらのお施主様は今年の4月にご主人を亡くされ、百箇日法要の7月までに本小松石のお墓を建てたいと弊社のホームページをご覧になり、お問い合わせくださりました。

お問い合わせの段階から娘様ご夫婦のお墓も墓地内に建てたいとの事でしたので、急ピッチでお打合せからご契約、そして石塔の製作と進めさせていただきました。

こちらの墓地に2基の八寸角石塔を建てることになりました。

無事にご契約が決まりましたらまずは工場での製作作業の様子です。

原石を切削しています。

2面切ったところで磨いてみて、お墓の石として使えるかどうかの確認です。

この石はとても良い石でしたので一安心しました^^

石塔が2基完成したら文字を彫刻し、現地での据え付け施工作業です。

墓地の中を分けていた仕切り石を取り外しました。

地蔵尊、五輪塔を少し外側に移動することにより新たな2基の石塔が等間隔で設置できます。

写真は地蔵尊がこれからの長い年月の間に傾いてしまわないよう、設置する場所の地固めをしているところです。

五輪塔には耐震棒を設置しました。

左側の娘様ご夫婦の石塔の下にはコンクリート製の2段式納骨室を設置。

こちらは免振パッド「泰震」を使用し大きな地震への対策をしております。

(弊社はこちらの免振パッド「泰震」を標準仕様サービスとしてお客様にご提供しお喜びいただいております。)

2基同時進行で設置作業を進めました^^

竿石を据え、目地のコーキングを仕上げるための養生テープを貼ったところです。

石塔の後ろの塔婆立ても石製ですので豪華です。

後ろ側もとても素敵な仕上がりです。

完成しました。

とても美しいこの石ならではの味わいが出ております^^

短い期間で2基分の本小松石を同じ色で揃えるのは少し苦労しましたが、お施主様が迅速にご対応してくださったので無事に百箇日法要に間に合わせることが出来ました。

お施主様からは「程よい間隔ですべての石塔が納まり、お願いした通りの出来栄えに大変満足しております。」

とのお言葉を頂きました。

お喜びいただき私も大変うれしく思います。

最近特に雨続きですが、今週末の法事が良いお天気であることを祈るのみです^^

有限会社菅井石材
―――――――――――――――――――――――――

お電話でのお問合せは、お気軽に
フリーダイヤル 0120-391485
有)菅井石材 担当:菅井(すがい)

本小松石のお墓の価格   はこちら

お墓の施工例   はこちら
記念碑・石材制作例   こちら
工場のご見学   はこちら
トップページ   はこちら です