2016年11月4日

こんにちは。本小松石のお墓を、産地の湯河原町にて製作しています、菅井石材の菅井です。

11月に入り朝晩、だいぶ冷え込むようになってきました。

風邪などひきませんよう注意しましょうね。

 

さて本日は熱海市の寺院墓地に本小松石製 洋型石塔を建立させていただきました。

今回も製造や工事の様子など振り返ってみたいと思います。

 

今回の墓地には、すでに古いお墓が建っておりました。

しかし納骨室は設置されておらず、土の中に骨壷を埋葬しておりましたので、納骨室を設置しその上に新規に本小松石製 洋型石塔を建てます。

 

img_9043

お施主様のご希望、それからお寺様のご住職のアドバイスにより、このような文字、絵を彫刻した素敵な竿石を制作させていただくことになりました。「絆」とゆう言葉、私も大好きです。

竿石にゴムシートを貼り、鉄砂を吹き付け彫刻します。

img_9048

無事に綺麗に彫りあがりました。

img_9049

こちらの桜の絵に色を入れる事になりました。

ピンク一色だけですと、味気ない感じになってしまいますので・・・

img_9175

所々に白色を散りばめました。

 

そしていよいよ墓地にて据え付け設置工事です。

img_8772

副住職様にお魂抜きのお経を上げていただき、工事に入らせていただきました。

まずは土の中に埋葬されていました骨壷を取り出しまして、古いご先祖様の石塔を右側へ移動し再度設置しました。

 

img_9125

そして関東の方では主流のコンクリート製二段式カロートを設置しました。

これから石塔が建つ後ろ側にはグリ石や砂利を敷き、転圧し地盤を強固にします。

 

img_9136

洋型石塔の一番下段の石、芝石を強力接着剤入りのモルタルにて据え付けます。

 

img_9135

弊社では、納骨室と芝石の設置はモルタルの他に、ステンレスプレートでがっちりと固定し、耐震対策をしております。

 

img_9137

そして台石、竿石の据え付けです。

こちらは弊社が代理店として施工販売させていただいております、免震ゲル「泰震」を使用し、専用ボンドにて強力に接着します。

これにより大地震から大切なお墓をお守りします。

*弊社では最新の地震対策を標準仕様サービスの一部として、ご提供させていただいております。

 

 

img_9138

竿石の設置も無事に完了しました。

石と石の繋ぎの目地にも強力な接着のボンドにて仕上げます。

 

img_9127

次に雑草が生えないよう、現在最も効果的と言われております防草シート「ザバーン」を敷き、その上に五色砂利を撒きました。

 

img_9174

そして最後に、石に雨や日照りなどによる風化から守るコーテイング剤を塗布します。

*こちらのコーテイングも標準仕様サービスの中に含まれております。

 

img_9161

img_9190

本小松石ならではの落ち着きのある美しい洋型石塔の完成です。

img_9147

笑顔の素敵な優しいお施主様に大変喜んでいただき、我々も本当に嬉しい限りです。

明日からまた良い製品造りに励み、皆様に喜んでいただけますよう精進させていただきます。

 

有限会社菅井石材
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

お電話でのお問合せは、お気軽に
フリーダイヤル 0120-391-485
有)菅井石材 担当:菅井(すがい)

本小松石のお墓の価格   はこちら

本小松石のお墓の施工例   はこちら
本小松石の記念碑・石材制作例   こちら
工場のご見学   はこちら
トップページ   はこちら です